« The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−8 | トップページ | 今日の一枚 ドイツから、スペインからスケッチ友来る »

2014年10月 1日 (水)

The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−9

Sάo Pauloのホテルの部屋の窓からの眺め。やはりここでも早朝スケッチ。

1536549_852295331448814_80283923999
10599426_852295374782143_2096629678
A_view_seen_from_the_hotel_in_sao_p
最後のホテルでの朝食。ここでも美味しく頂いた。
10603471_852295391448808_4296508513
10565098_852295408115473_5603814256
食後、Ninaとすぐ側の公園前に出かけた。後になって前日にParatyから一緒にこちらへバスで来たCinthiaとAndreaと合流。
Sao_paulo_in_the_morning
公園前で集まっていたpoliceたち。朝礼の最中のようだった。ずっと立っていてくれます様にと思いながらスケッチ。ユニフォーム姿がかっこ良く、またフードカートみたいなかわいい派出所とパトカー、白バイ(って言うのかな)が並んでいる所が面白かったけれど、朝礼が終わったらバイク2台はパトロールに出かけてしまったので、描きかけでこの絵は終了。
Sao_paulo2
Ninaがこれと同じようなアングルで描き始めていた緻密で色使いのすばらしい作品を見て、まねてみたくなり、トライしたこの一枚。こんな風に、一緒にだれかとスケッチすると影響を受けて、色々なスタイル、テクニックを学べるのがこのスケッチミーティングの醍醐味。普段の自分なら描かなかったようなワイドアングル。描いている間、中央の木の幹に服が巻き付けられているのは何だろうと思っていたら、人が公園から現れ、さらに服を巻き付けて行ったのを見て、どうやら洗った服をそこに吊るして干しているらしいと納得。
10600436_852295488115465_4118053160
その後喫茶店に移動し、Paulaもやって来て、しばしくつろいだけれど昼にはホテルに戻りチェックアウトしなくてはならず、短時間の再会後、急いでホテルに帰った。元々は一人旅で帰ってくるつもりだったけれど、最終日にもこうして仲間と一緒にいられたり移動出来て、短時間でも濃い時間が持てて良かったと思う。
10659414_852295438115470_2256482824
戻るとすぐにチェックアウト。Ninaも私も一緒に空港に向かう事にして、バス停を探し歩いたり、迷ってタクシーでバス停まで短距離乗ったりしつつ、とあるホテル前で、どうやらここにバスが着くと言われる場所に着いたけれど、空港行きバスが来ない。そのかわりタクシーがちょくちょく現れて、空港まで行くなら乗らないかと声をかけて来た。さんざんそれらを断って待った後、同じくバスを待っていたブラジル人の親子ともう一名の男性客と乗り合いで1人20レアルで良いと言って来たタクシーで向かう事にした。空港には4つのターミナルがあり、それぞれの向かう航空会社に応じてタクシードライバーさんが客を降ろして行って、第3ターミナルで私が降りた所でNinaとも別れた。
実は、私の便は夜中の1時過ぎ発だったので、空港ではものすごくたっぷりと時間が余っていた。(昼の2時過ぎには空港に到着していた)かといって、スーツケースを持って外でうろつくつもりも無かったので空港内を移動しては飲んだり食べたり、描いたり、描いたり、描いたりして過ごした。 


10392400_852296328115381_7112153690
最後のアサイー。フードコートでこれを食べていたとき相席したブラジルの女性2人と少し話が出来、その内の1人が食べていたプレートを出すラストランはとても肉料理が美味しいから是非食べたら良いと勧められ、後でたべてみたら確かにとても美味しかった。それからもう1人の女性が言うには彼女のとある友人はアサイーが好きで、毎日食べていて、アサイーと鶏肉とサツマイモとヨーグルト(だったかな)ばかり食べては日がな一日ジムで過ごしていると言っていたのを聞いて、ブラジルの女性のも生まれついた体型だけじゃなく努力もしているんだとちょっと納得。

Inside_gru_airport
空港ソロスケッチクロールその1。この場所は空いていてゆったり出来る反面、ちょくちょく色々な人が、募金を募りにやって来た。旅行客がもう使わない小銭を期待しているようだけど、まだ荷物のチェックインもしていないし、どれだけあとで買い物をするかもわからないのですべてお断りしたけれど。
Gru_sao_paulo_airport1
その2。他のターミナルまで歩いて行ったり、エスカレーターで上ったり下がったりしながらまた別のスケッチ場所を探しては描いた。そのうち、なんだか女性がぴったりとした黒いパンツ姿でいる事が多いのに気づいた。こっちでは流行っているのかも。
Gru_sao_paulo_airport2
その3。また場所を変え、見下ろすアングルを一枚。

10606461_852296338115380_6408074095
Girls_in_gru1
Girls_in_gru2
その4。女性のファッションが気になって見ているうち、ゆったりしたシャツとぴっちりした黒のパンツの組み合わせの人が多いので、しばらく女性の服装ばかり追いかけてスケッチメモしてみた。(怪しい人にみえていたかもしれない)
ようやく荷物のチェックインが出来る時間になったら搭乗ゲートが変更になっていて、ターミナルも第四に変更になっていた。さらに搭乗時間になって、出発がテクニカルトラブルのため2時間先に変更になったので、さらに待つ事に。(すでに座りっぱなしでお尻が痛い)
ようやく夜中の3時過ぎに出発出来た!(終わりよければすべてよし)
Emirates_at_sao_paulo
その5。待ち時間スケッチ。
Boarding_and_inside_the_emirates_ai
その6。搭乗の様子と機内スケッチ。14時間のフライトでドバイへ。

Inside_the_emirates
その7。機内スケッチ。ドバイから成田へは9時間。アラビアンポップスを聞いて過ごす。

The_view_from_the_airplane_window
その8。窓からの眺め
984221_852296411448706_835270223960
10660347_852296384782042_5415771939
10520656_852296491448698_8104284351
10576917_852296454782035_7000906747
10574355_852296441448703_4794789700
長いようで短い10日間の旅、とても楽しめた。

« The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−8 | トップページ | 今日の一枚 ドイツから、スペインからスケッチ友来る »

Urban Sketching Symposium」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−8 | トップページ | 今日の一枚 ドイツから、スペインからスケッチ友来る »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ