« 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−2 | トップページ | 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−4 »

2017年8月10日 (木)

8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−3

早朝、前日から描いていた窓越しのスケッチを完成させる。(日が昇る前から目がさめる)

20374477_1655120844499588_789820981

この日は朝からTina夫妻とThe Bean ( Cloud Gate)まで行ってみました。巨大で鏡のように周りの景色を写し込む有機的な形のオブジェ。(ちょっと浅草にあるスーパードライホールのオブジェを思い起こしたり)観光客がひっきりなしに来るし、立ち並ぶビルと広場とが、スケッチ場所として申し分なく、この場所だけでも相当スケッチして過ごせそうです。

20294414_1656158781062461_562523078
20264766_1656159344395738_589786425
この位置には椅子とテーブルがあって描きやすいものの、日差しを直接浴びまくり、この時間だけで立派なChicago土産の土方焼きを両腕に刻んだのでした。
このあとは2人と別れ、別行動でsymposiumのregistrationの集合時間までを散策して歩きました。
20292877_1656158794395793_436657016
20292741_1656159387729067_602434650
20294445_1656159431062396_911198875
The Beanを描いている時から耳に入ってきた演奏が気になり音につられて行ってみると、野外コンサート会場でコンサートの公開リハーサルをしていました。
これまた、ずっと楽しめるじゃないですか。
20293989_1656158801062459_621749644
Chicagoの名物(らしい)Chicago Hotdogは具が重いのにバンがびっくりなほどソフトでもろくて、紙でラップしていないこのバージョンのは両手でカップから取り出そうとした瞬間パンが崩壊したので、かぶりつくことができず、しょうがないからちびちびとちぎって食べるという、まるでカレーとナンを手で食べるみたいに頂いたのでした。(ぎゅっと握ってしっかりつかめるまでのバーになったらかぶりつけ、という説をあとで聞きました。)
Goodman Centerにて受付を済ませ、お楽しみのスポンサーからのgoodsの入ったバッグを受け取る。今年は本当にすごいスポンサーの数!!!荷物を置きに 一旦ホテルに戻りました。(すぐ近くだったのでそういうこともできた。)
20638770_1670859526259053_553963450
20663787_1670859539592385_741083960
20729518_1670859582925714_243081848
14:30から17:30までSketchwalk Aに参加。Art Institute of Chicagoの庭園に参加者が向かう。イベントの様子がUSKのYoutubeにてビデオ配信もされていました。
20294472_1656158861062453_151264608
20264772_1656159034395769_571195586
20294188_1656158927729113_985224172
20374382_1656159064395766_607608093
前半、北側の庭園では、Marcの素晴らしい色使いで描く様子を見られるという幸運があり。(その間描くのをサボっていたら、その時にインタビユーを受けてしまった!)
20374295_1656159097729096_190266451
20429982_1656159441062395_429404568
後半は南側の庭園にて真面目にスケッチ。その日スポンサーのブースで購入した新しい筆を使ってみました。面白い線が描けるような感じです。
20374346_1656159194395753_8750160_2
SymposiumのオープニングにGoodman Centerに戻る道すがら、Stephanieと(もう一人どなたかと)いっしょになり、早めのご飯。
20264755_1656158797729126_391269331
20294123_1656159281062411_463979908
20429791_1656159321062407_7583409_2
第8回のSymposiumのオープニングでは創始者のGabiによる“10 years of Urban Sketchers”と題された、どんな風にUrban Sketchersが生まれ、今日に至ったかといったスピーチがなされました。同じ興味を持っての絵描きのインターネットを通じてのグループが出来てから、今や各国から大勢の仲間が実際に集まり共に学んだり交友を深めたりする(非営利の) イベントを毎年するようになったんだよな。(その過程を私も9年見てきました。)
20430138_1656159327729073_543351471
20264775_1656159451062394_109465595
その晩はSan Diegoから参加しに来ていたグループのDominique、Renata、そして清泉さん( Ryojiさんの知人でもある)とご一緒させていただきDrink and Drawの夕べを過ごしました。

« 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−2 | トップページ | 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−4 »

Urban Sketching Symposium」カテゴリの記事

コメント

久美さん、10年中9年では、ほぼ一緒の歴史ですね。
建物をいっぱい描いて来ているから、水彩画も一発で狂わず描けていますね。

なんだかんだ、関わっているうち9年、、月日は早いこと経ちますね。
平筆を使うと建物一発描きはわりと楽です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−2 | トップページ | 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−4 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ