« 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−3 | トップページ | 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−5 »

2017年8月12日 (土)

8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−4

早朝スケッチに出かける。テラスでコーヒーをいただきながらこの街のシンボル的景色の一つ、Ltrainの鉄橋の見える景色を描いていたら、男性がこちら向きに植え込みに座ったので、絵の中に描き込んでるからどうぞそこにいてと伝え、描き終えた後、名前を書いていただいた。こういう出会いもスケッチしている時のちょっとした楽しみ。Chicagoの人は気さくに声をかけてくれたし、公園などではよく小さい子供さんもスケッチを覗き込んでは、絵描くの好き、描きたい、すごく綺麗など興味を持って話しかけてくれたものでした。ついでに街が清潔感があり、古い建物も手入れが行き届いていて、とても洗練された雰囲気の環境で人が穏やかで親切なせいもあるのか、よく見かけたホームレスの人たち(けっこう多かった)も、言葉使いや態度に節度がある感じがして、この街の優しさがそうさせるのかなとも思いました。

20294043_1657319674279705_295060937
20293098_1657319677613038_364315186
20374468_1657320527612953_397238915
午前中にとったLapinのWorkshop W15
は博物館Field Museumで、世界で一番保存状態がいいというTrexのSue(Susan Hendricksonさんが発見したのでその名がついたのだそうです)を彼のスタイルに則って描くというもの。
20431420_1657319684279704_597927343
最初に短時間でサムネイル描きで、あらゆる方向からSueを描いて、おおよそのフォルムや構図を頭に入れた後、実際に気に入った構図で描くんだけれど、全体にバランスをとるための鉛筆書きは一切せず、ペンで端から描いていくというやり方。
20431507_1657319844279688_493252537
20292858_1657319750946364_855396179
20294402_1657319737613032_572511951
20374419_1657319744279698_291237164
あえて後ろからの構図で描いてみた。尻尾の先端の骨から付け根に向けて描き始めると、その複雑な要素、数に心が折れ始めるものの、しかし一方でこのやり方ならではのものをよく見る(みざるを得ない)画法は難しいモチーフを攻略する一手だなあと、ぜひ
繰り返し取り入れていきたいと感じました。
さらに、画面にその場で得られた情報など書き入れて完成。
20476525_1657319740946365_835801334
他の参加者の作品からも、このスタイルがかなりものをよく見るのに有効なスケッチ法だとわかります。
最後に、サムネイル描きした骨格をベースに、イマジネーションで好きな色、柄のSueを描いてみようということで無理やりでっちあげたのがこれ。かつての説から変わって近年では羽毛が生えていた説が有望とか。しかしどんな色、テクスチャーだったんでしょう。
20374547_1657319827613023_578223661
Workshopが終わった後も、そこで恐竜の企画展があったのでそれを見に行きました。
しかしその企画展の入り口がわからなくて、聞けばよかったもののうっかり一旦出口から出てしまったため、再入館するためにチケット購入。ああ、おばか!)
ジェラシックパークの世界を再現したテーマパーク風の展示でお子さん連れの家族が多かったです。その後せっかくならとまたSueのもとに戻り
いつもの自分の描き方でも一枚スケッチ。ミュージアムでランチ。
20228860_1660103094001363_460259034
20375884_1657319834279689_610227989
午後は、EduardoのDemoD2(The Potential of Pencil Drawing)に参加予定でしたが、集合時間と場所をちゃんと理解していなくて、スタッフ数名に聞いてみてもわからないというので、ならばと場所がわかったNorbertoのD3 (Dynamic Ink)に参加。
どちらのインストラクターも建築家で、素晴らしいスケッチを描く尊敬するひとたちなので、結果、どっちのDemoに参加するのでも構わなかったし、過去のsymposiumでもよく雨のせいでロケーションが変わったとか、移動距離がありすぎ、ランチ時間が押して次の講義に間に合わないなどということは生じるものだったのですが、後でGoodman Centerにもどると、私が問い合わせたスタッフの一人が私が最終的に当初のDemoに参加できたかどうかを心配して聞きに来たので、それには出なかったけど別のに出たと伝えました。Chicagoチームの生真面目で親切な面がまたも見えました。
(結局他にも登録していたDemoにでられなかったという人がいたので、後日Demoにでられなかった人向けに3名のインストラクターがDemoを行ってくれました。)
20707933_1673180312693641_869064549
18:30よりLecturesの時間。Goodman Centerにて。Mark Leibowitzがスピーチしているけれど、睡魔に襲われ瞼が下がるところをスケッチしながら乗り切ってみる。
20375931_1657320384279634_882864613
20374395_1657320410946298_189515969
20479603_1657320570946282_639294437
その日の晩は、第一回目のPortlandでのSymposiumで出会って以来ずっとその作品の素晴らしさに憧れていたDonと、数名の参加者(一名は彼の姪っこさん)とご一緒させていただき、Drink and Draw。Angly Chekinという名のターキーミートを使ったスパイシーなバーガーが絶品でした。Talentedなみなさんでした。

« 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−3 | トップページ | 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−5 »

Urban Sketching Symposium」カテゴリの記事

コメント

今度上野の国立博物館に行こう!

上野もいいし、今なら幕張メッセもおもしろそう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−3 | トップページ | 8th International Urban Sketchers Symposium -Chicago 2017へ行ってきました−5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ