« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

USk Porto 2018 International Symposium に便乗スケッチ旅−8

旅の締めくくりは機内スケッチ。離陸後すぐに消灯されたので線画のみで終了に。

37588644_2061852573826411_162047369

2018年7月30日 (月)

USk Porto 2018 International Symposium に便乗スケッチ旅−7

シンポジウムは土曜日まであるところですが、またLisbonで帰国前に一泊することにして、金曜の朝、シンポジウムのHubまで行ってちょっと知った人たちに挨拶し、早めにPortoをたちました。

Lisbonで道を修繕しているところ(?だと思う)に遭遇、まさに手作業なのは、職人の作業だなあと、四角い石をどれだけの数、どれだけの人が関わって道に埋め込んだんでしょう。
おしゃれなブティックが立ち並ぶ通りを歩き続け、またおなじみの広場にいき、そこでしばし3人が散らばって、好きな場所で描きましょうと言うことになり、私は持って行った扇子に描いてみました。 最後の夜はいつもよりゆったり飲み食いしたのにすっかりチップを忘れて帰るイケテナイおばさん集団でした。
37531348_2059800040698331_705401155
 
37554821_2059800044031664_110661159
37576598_2059800047364997_293404748
37697590_2065592820119053_600511218
37654170_2059800164031652_9191709_2
37591182_2059800250698310_155815941
37584473_2059800247364977_4111780_2
37536346_2059800260698309_8175191_2
37539288_2059800287364973_133189372
37577177_2059800387364963_379951473
37415443_2059801254031543_356005138
37573093_2059800404031628_800268606
37420337_2059800507364951_580365604
37607907_2059800524031616_745477688
37500656_2059800537364948_496730475
37689790_2059800614031607_359135636
37426273_2059800630698272_532021654
37621916_2059800717364930_322535068
37581746_2059800740698261_554742589
37623952_2059800857364916_348330533
37409902_2059800894031579_668557679
37543074_2059800937364908_100801091
37551968_2059800947364907_278257220
37511203_2059801004031568_402684721
37611887_2059801024031566_451195993
37640869_2059801047364897_757798087
37412316_2059801280698207_431144360
37395340_2059801084031560_176550671
37621928_2059801154031553_287562706
37657545_2059801230698212_142653661
37616102_2059801244031544_875020845
 

2018年7月28日 (土)

USk Porto 2018 International Symposium に便乗スケッチ旅−6

この日は2人とは別行動することにして、一人でタワーを描きに向かい、でもその前にタワーに登ってみることに。登るごとにどんどん狭くなる階段を全て登り切るととても狭い見晴台を一周し、すぐに下りる。エクササイズ終了。そして正面から描こうと、少し離れた場所へ向かうと、そこですでに描き始めていたスケッチャーさんに会い、そばで一緒に描かせていただいた。その後街角で演奏している人を見つけ、チップをあげ、描かせてと言って、スケッチさせてもらった。シンポジウムのworkshopが行われていた会場にたどり着くと知った面々に会え、フリープランで回っていても少しシンポジウムの雰囲気を味わえた。また川辺あたりのスケッチを描いておきたくて川辺へ向かい、松の木の下の木陰に座れるスポットを見つけ(スペインから来ていたスケッチャーさんと腰掛をシェアして)、少し時間をかけて描いてみた。松の木と川のある景色。ちょっと思い入れがあるのは自分の名前を象徴しているので。さらに橋をもう一枚描いておきたくて、テラス席でスケッチしていた数名の輪に入れていただき、ワインを飲みながら描いているとウトウトと眠たくなってしまった!なので後になって線がずれていてかなりホワイトの修正を使った仕上がりになってしまった。夕方にはその日にPortoに来ていたUrban Sketchers のregional chapterのadministratorたちが集まるdrink and drawの席に出席し、初めて会う仲間としばし自己紹介、互いのグループの状況など話した後はすぐに互いの顔を描き会うスケッチバトルモードに突入。その会合の後に、馴染みの面々と、その日初めて会ったAlexとElaineと集まってPorto最後のdrink and draw。(描くのを後回しにしているとライトが暗くなり、この時点でスタートしたのでかなりヘロヘロなスケッチになってしまった。)いつものシンポジウムの夜らしいひと時でした。(ちなみにその頃恵理子さんと敦子さんは、パリから来ていたスケッチャーのグループと合流していたのだそう)

37318903_2057768740901461_597569562
37423497_2057768744234794_525379320
37564196_2057768870901448_4593756_2
37488268_2057768877568114_906262462
37368528_2057769007568101_193042139
37400817_2057769140901421_369697670
37358741_2057769057568096_408528280
37378856_2057769150901420_399467835
37423079_2057770037567998_288825269
37395361_2057770177567984_107133393
37421180_2057769217568080_870174366
37396637_2057769280901407_517076851
37388557_2057769277568074_789789804
37410818_2057769340901401_103570322
37332691_2057769380901397_296316950
37377450_2057769397568062_561998196
37358758_2057769464234722_575934794
37422453_2057769544234714_734188251
37398773_2057769607568041_674582989
37378831_2057769667568035_884375719
37376128_2057769677568034_653968705
37380889_2057770074234661_504420999
37394714_2057769737568028_165657942
37426814_2057769780901357_878214112
37332724_2057770087567993_564675226
37404812_2057770230901312_458429025
37544081_2057769934234675_465428112
37370024_2057769850901350_340832245
37328743_2057769937568008_594291605
37605015_2057770244234644_792011821

2018年7月27日 (金)

USk Porto 2018 International Symposium に便乗スケッチ旅−5

この日は朝から前日に行ってない方向(川と反対方向)を歩いて回ろうと決め、ぶらぶら歩いているとベルギーから来ていた尊敬するスケッチャーさんたちに遭遇。彼らもシンポジウムのworkshopには参加せず、自分たちの自由時間で描きたい場所を描いて回りながら、それでも町中に集まっている世界各国から来ている仲間と出会っては食事で一緒したりしていたそう。

ゆっくりスケッチブックを見せていただき、どんなところを回ったとか、同じ場所を描いていてもどう表現したかとか、話を聞かせてもらえ、個人で回る間のこうした出会いでの短時間でも濃くインスパイアされる機会を楽しみました。
この日はかなり涼しく、ショッピング街では(敦子さん見立ての)革ジャンを購入。町中でも革ジャン着てる人もかなりいました。ランチ後、自分的には最西端となる海を見に敦子さんとタクシーで行ってみることに。潮風の香りが強い!江ノ島とは匂いが違う。(当たり前ですね)暑い日だったら海に浸ってみたいところでしたがそれはせず、小石を拾って戻りました。部屋にて夕飯後、橋の夜景を描きたくて川べりに行ってみるとのんびりと過ごす人たちがいい感じにいて、居心地のいいリラックス時間を持てました。橋のサイズのおかげ?夜景は描いたことがあってもベイブリッジやレインボーブリッジだったらこんなに街と自分の距離が心地よくはないだろうな。
37332323_2056501751028160_730545718
37400860_2056501757694826_438750542
37320573_2056501764361492_681864073
37354427_2056501761028159_567879569
37373437_2056501877694814_878369227
37402489_2056501871028148_548134311
37371446_2056501891028146_702583681
37345052_2056502001028135_786530835
37354465_2056502004361468_440879703
37308868_2056502007694801_272129420
37334789_2056502417694760_169200465
37357334_2056502011028134_812698665
37331038_2056502161028119_804895082
37340832_2056502154361453_139789028
37385012_2056502171028118_193079712
37319920_2056502431028092_634084958 37322698_2056502307694771_142718740 37319472_2056502281028107_863288985
37275273_2056502304361438_173412853
37386310_2056502297694772_265157515
37343307_2056502421028093_887912071
37337323_2056502434361425_341473441

USk Porto 2018 International Symposium に便乗スケッチ旅−4

この日は電車でLisbonからPortoに移動。観光地だけれどのんびりとしたムードで、ここもとても穏やかで安全な雰囲気の街。(特に他のヨーロッパの観光地と大きく違いを感じるのが路上にいる物乞いをする人の数の少なさ。ある意味足腰が丈夫でないとこの街でやっていくのも大変だからかしら?)方向音痴に加え起伏のある道は地図上では直線に表現されていていても距離感覚的にピンと来なかったりするもののgoogle map 見たり聞き込みで宿泊するアパートメントホテルに無事到着。駅からも近く、可愛い室内。3人で共同生活の始まり(姉妹がいたら毎日がこんな感じ?)ランチの後はまた2手に分かれ、スーパーで朝夕食べるものを買いに行き、市内をぶらつき、この日は敦子さんと二人で町巡り。橋を歩いて渡った先から見える絶景がブラボーで描いてみたいところ!しかしこの日は日差しが強く疲労感がかなり襲ってくる。サトウキビのしぼりたてジュースを飲んでみるとものすごく甘い!このままかき氷にシロップとしてかけてもいいくらい。ミネラル補給。その後ロープウェイで降りて対岸を歩き、立ち上がれないくたびれたので日陰で休憩がてらスケッチ。橋の下の段を歩いてこちら岸に戻るともうクタクタ。大した距離ではないんですが。夜は買い出しした食材でおうちご飯。毎日昼夜ワインをいただく。(ポートワインより普通にワインが美味しく、若いぶどうの白ワインVerdeが好きになりました)日頃歩いているというパワフルな敦子さんにすっかり頼らせていただきました。(会計やら、用意やら)

37295133_1741010326015900_824474527
37269411_2054987124512956_893563133
37280998_2054987107846291_782359726
37342203_2054988351179500_182965357
37388557_2054987137846288_722305270
37305927_2054987251179610_161446708
37291722_2054987224512946_642251695
37307389_2054987267846275_213462416
37282213_2054987271179608_185186841
37488173_2054987391179596_680405699
37355581_2054987417846260_405396913
37343226_2054987427846259_328183930
37186660_2054987551179580_191648706
37291718_2054998507845151_800700967
37386420_2054987567846245_170358387
37358742_2054988471179488_774284807
37284593_2054987687846233_769595939
37327791_2054987734512895_824318233
37295150_2054987717846230_167492453
37334318_2054987831179552_919076408
37361119_2054987834512885_119363676
37424857_2054987861179549_912790185
37307382_2054987881179547_873099224
37337833_2054988017846200_246961644 37375870_2054988021179533_763980176
37272464_2054988067846195_284081483
37381192_2054988147846187_710096842
37312684_2054988494512819_235163242
37296730_2054988194512849_630993151
37278907_2054988214512847_362906384
37363964_2054988344512834_581247236

2018年7月26日 (木)

USk Porto 2018 International Symposium に便乗スケッチ旅−3

この日の前日にはろくにスケッチができていなかったので、ちゃんと時間をかけたスケッチがしたいと思い、ホテルの側にあった建物が面白そうだったので3人で描きに行きました。その建物のタイル絵がホテルのロビーにかかっていたのもあり興味を持ったのですが、後でそこが闘牛場だということがわかりました!駅と同じ名前で、お店が何店舗も入っていたのですが、その内部が闘牛場になっていたとは!(後になって敦子さんが内部を見学させてもらい、スケッチ画に残していました)

午後からは2手に分かれ、敦子さんはショッピングに出かけ、恵理子さんと私で別の場所に向かったのですが、目的としていた場所にたどり着く前に、偶然Sintraに向かう電車の乗り場を発見し、40分でいけるようだったので、すでに2時頃だったのですが、行ってみることに。
そこは街がおとぎの国のようで、面白い景観が待ち受けていて、すっかり2人で魅了されてしまいました。のり放題のバスはなかなか乗れず、待っている時間がもったいなかったので、徒歩で行ける距離にある近場のスポットに向かいました。なんとか一枚その場でスケッチ画を描いてこれました。後になって、朝からきていたらよかったな、と思ったのですが、それでも短時間の間に大満足の観光ができました。もし機会があるならまた訪れてみたいお気に入りの所です。
37291755_2053206498024352_694578288
37275280_2053206508024351_781658380
37293782_2053206528024349_558533090
37227510_2053207728024229_221682303
37254365_2053206518024350_117877353
37258894_2053206611357674_478243852
37226812_2053206648024337_239310710
37255731_2053206644691004_832368033
37231680_2053206651357670_664612372
37232337_2053206784690990_2698441_2
37254311_2053206788024323_749119957
37237350_2053206794690989_998881033
37256257_2053206791357656_7544760_2
37225258_2053206928024309_435841641
37213186_2053206911357644_265496088
37339607_2053206931357642_192542723 37271723_2053206934690975_693633389
37254363_2053207078024294_705743771
37237388_2053207081357627_829619657
37346213_2053207088024293_746563950
37230935_2053207091357626_200730246
37237296_2053207684690900_585160454
37279881_2053207218024280_525444754
37312034_2053207198024282_268669443
37280635_2053207441357591_4418281_2
37221210_2053207194690949_649043402
37340515_2053207324690936_438201816
37208283_2053207314690937_736021239
37219853_2053207331357602_727279981
37245566_2053207344690934_232802915
37234953_2053207448024257_910918066
37238923_2053207558024246_515679034
37282222_2053207561357579_470312028
37328018_2053207584690910_158897741
37303497_2053207681357567_460733866
37243125_2053207691357566_400762162

USk Porto 2018 International Symposium に便乗スケッチ旅−2

到着二日目の朝、おや、これは!という症状があり、放っておくわけにはいかないので病院に行くことに決めました。旅行スタートしたばかりで第一試練。しかも日曜日。でも旅仲間も付き添ってくれるというので、とにかく行ってみることに。ホテルで最寄りの病院を教えてもらい、(そこはしかし行って見ると臓器移植などするような病院だとわかり)そこで別の急患を診てくれるところ(S. Jose)を教えてもらい、タクシーに乗り込み、行ってみると、それほど混んでいるわけでもなくて、少し待った後に診てもらえ(ドクター達も親切でした)検査後処方箋を受け取り、街の薬局で薬を買うようにとのことで、午前中のうちに済ますことができました。こういうちょっとしたアクシデントは思い出にインパクトを加えてくれるスパイスになるよね、などと話しながら、その後お昼を食べ、薬局を探しに街を歩いてみるものの、やはり日曜日だったのでなかなか開いている店が見つからなかったのですが、なぜそこに日本人?の番組の旅人宜しく手当たり次第歩いては聴き込みをしてついに開店してるところが見つかりお薬購入!初めてのお使いみたいな達成感でした。午後は予定外に潰してしまった時間を取り戻すべく、トゥクトゥクに乗り高台のCastelo S. Jorgeに向かいました。そこはとてもロマンチックな城郭で、気候もよかったのもあり、とてもwelcomeと迎えられてるような気分に浸れました。その日はWorld Cupの決勝試合があり、そこから見える遠方の広場では巨大スクリーンにフランスとクロアチアの試合が映され、集まったサポーターたちの声も風に乗って届き、古城からなんちゃってプチ観戦。

試合終了後にはその広場でコンサートも行われていたようで、勝っても負けても発散できるイベントをやっていたようです。我々が夕飯を食べる場所を探しに高台から降りてくると、サポーターのグループもパラパラと解散、飲みに行く様子で、お行儀いい様子。ふと渋谷あたりではどんな様子だったのかな?なんて思ったりしました。
37200291_2051665618178440_320280156
37173718_2051665611511774_350399409
37206603_2051666688178333_370909394
37273178_2051665621511773_900522228
37233546_2051665748178427_224226606
37208291_2051665744845094_273341025
37212718_2051665751511760_720767766
37123413_2051665758178426_665886794
37211953_2051665858178416_656734028
37171394_2051665874845081_178754537
37185958_2051689184842750_430913607
37161387_2051665871511748_653808012
37261525_2051665868178415_291262470
37219613_2051665994845069_411733087
37214911_2051666011511734_109538409
37279907_2051666021511733_812047179
37140307_2051666128178389_392762787
37221547_2051666328178369_347971778
37186648_2051666318178370_212330525
37272489_2051666324845036_6099554_2
37177609_2051684731509862_346721274
37242384_2051684734843195_830641999
37258894_2051666451511690_696400638
37205608_2051666431511692_341048613
37250062_2051666438178358_900022380
37281040_2051666441511691_914450524
37153071_2051666728178329_706777215
37143307_2051666558178346_583847662
37161701_2051666564845012_876617910
37296730_2051666584845010_816306153
37189670_2051684864843182_824891074
37131099_2051666681511667_334601047

2018年7月24日 (火)

USk Porto 2018 International Symposium に便乗スケッチ旅−1

今年はUrban Sketchers Symposiumのworkshopそのものには参加せず、しかしSymposium

開催日にその地へスケッチ仲間の敦子さん、恵理子さんと一緒に向かい、自由なスケジュールでスケッチしたり観光したりするのんびり旅行(といってもやはりタイトになってしまうのですが)行ってきました。
初日はLisbonに着いてすぐ、その日にLisbonに来ていたスケッチャーたちとUrban Sketchers Lisbonのボランティアガイドによる案内で市内を歩いてスケッチして来ました。急勾配の石畳の細い路地をアジトに向かうかのごとくクネクネ行くと地元の人しか知らないであろう近道になっていたり、短時間でしたがこの魅力的な街を散策でき、たのしめました。気候も穏やかで過ごしやすく、とても綺麗で安全な街。他のラテンの国とは違った控えめな味付け、ある意味での物腰はちょっと日本人に似たムードもあるような感じがしたのは、ブラジルでも感じたことがあったのですが、ポルトガル語を話す国の人の見た目とのギャップでした。それにしても人の姿勢のいいこと。急勾配、石畳を歩くと体幹や筋肉の使い方が鍛えられるのかな?と思いました。
37175655_2050056541672681_460623561
37152847_2050056538339348_601607322
37120492_2050055895006079_787569431
37224573_2050055898339412_718787056
37154773_2050055901672745_577288017
37214903_2050055905006078_300314731
37094609_2050056021672733_260857684
37188690_2050056635006005_311833797
37132801_2050056025006066_920454151
37146843_2050056028339399_336994571
37239728_2050056035006065_573960194
37143006_2050056155006053_697691841
37126021_2050056165006052_806907399
37126020_2050056645006004_949417132
37113069_2050056158339386_462339982
37031062_2050056281672707_853946378
37192300_2050056285006040_669686113
37107671_2050056695005999_710343348
37157312_2050056378339364_632304986
37141252_2050056361672699_109860204
37192255_2050056445006024_436309042 37150220_2050056415006027_749446511
37100791_2050056481672687_750382815 37161543_2050056495006019_342645704
37181318_2051638428181159_483924935

2018年7月 9日 (月)

今日の一枚 サクランボ

長い人生の中で実際に木の枝に生るサクランボをみたのは初めてでした。咲いた花が実をつけるとはこういうことか、と、今更ながら新鮮に感動しました。山形のさくらんぼ農園に行った母の土産が枝ごといただいてきた見事に生ってるサクランボ。水彩で描いてみるとその繊細な輝きのあるなんとも言えない柔らかなオレンジがかった赤ピンクの表情を表現するには描き込むよりむしろそっと抜く方が柔らかな照り感が表現できるようでした。パステルで書いてみた方は、もう少し色味に繊細さが欲しいところでした。

36556363_2030932230251779_832321804
36630772_2032684113409924_433589086
36747191_2038955182782817_867864020

2018年7月 2日 (月)

今日の一枚 #30x30directwatercolor2018続きの続き

30日間とりあえず毎日一枚は直描き水彩スケッチしてみました。あらためて、水彩紙や絵の具の種類による発色やリアクションの違いがよくわかりました。普段何であれ、それなりに描けばいいくらいで細かいことにこだわりを持たずに描いていたのですが、流石にこんなに表情、発色、違うものだなあと実感。(しかし基本何であれ50歩100歩と、こだわらずに扱うので、これでなきゃダメってことはないです。)

36189266_2017858398225829_137924440
36255768_2018733281471674_772915226
36251050_2020287924649543_653531038
36356727_2022149197796749_541553473
36355985_2024651937546475_906223097
36398115_2026441657367503_518683290
36403827_2026637300681272_798836398 36430396_2026636630681339_236077778

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ