« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

今日の一枚 三浦野菜

ロマネスコと赤大根を買ってきたのでいきが良いうちに描いてみました。石膏像のヘルメスの頭を思い起こさせるポコポコした突起は、しかし本体の丸みをちゃんと描いてから慎重に(個々のデコヘコに惑わされないで)球面状についてる感じを出さないと妙な物体になってしまいます。なので、描きすぎず、かな〜?っていう雰囲気だけでたところで止めています。直描き三原色使いです。

52920224_2394098357268496_896551195


52854051_2394098350601830_581709283


2019年2月26日 (火)

今日の一枚 ランチタイム

大人の女子会で、昼から天ぷら。

52633863_2392640250747640_3943898_2


2019年2月23日 (土)

今日の一枚 土鍋と紙袋

それぞれの質感が伝わるといいなと思います。
52812916_2385817871429878_356883294


2019年2月22日 (金)

今日の一枚 Photoshop illustration

またも練習に、旅行先で撮った写真を使って描いてみました。写真撮ってくださいと言って、スマホを渡した相手が一生懸命にいいアングルを探して撮ってくれたので、それが面白くてみんなで笑顔になった思い出のシーンです。
Porto


2019年2月19日 (火)

今日の一枚 USK Japan 神楽坂 sketch meet up

2月のUrban Sketchers Japan の定期スケッチ会は神楽坂で行われました。寒かったなか、大勢が、しかも多国籍な集まりとなり、不思議な盛り上がりがありました。魅力的な街なので、また訪れたいと思いました。それにしても入ってみたいレストランの多さ!ランチのお寿司も美味しく、旅行に行った時の気分でした。それぞれが散らばって、好き勝手に描いては集まり、ランチ後も、また散らばって、好きに描いては、時間を決めて集合、度々何のグループ?という質問をされました。皆さんのスケッチスタイル、描かれた場所の見つけ方、みんなで同じ場所にいても違う視点、魅力をそれぞれが発見し、それをシェアし合えるのがこういうイベントの面白さです。

53036335_2377589005586098_683966070

52290075_2377587378919594_633127319

52508106_2377587412252924_819413588


52434235_2377588008919531_229332761

52331940_2377589255586073_412175172

52602250_2378275488850783_212786224


52057030_2378275455517453_505242232


52803649_2378275508850781_570497611

51783133_2378275535517445_327476615

51924508_2378275555517443_195909958

52494524_2378276112184054_683985827


52043268_2378275585517440_682799618


52300345_2378275608850771_796896414


52274878_2378275722184093_541746395

52029214_2378275665517432_525620718


52821673_2378275772184088_409132693

52303888_2378277032183962_244008760

52008540_2378277052183960_522445945


52508163_2378277105517288_193534618

52771885_2378277112183954_358567273


2019年2月15日 (金)

Practicing Photoshop illustration −2

2013年にバルセロナに行った時に同行したTashaさんに撮ってもらった一枚を資料に。

Barcelona


2019年2月11日 (月)

Photoshop描き

イラストレーターとして仕事で描く絵は写真資料を参考にして描くことが多く、(あるいは資料がないものを想像やロジックを駆使して)ない時間の中、期限までに発注された画を完成させ、納品することが求められる。時間があるときに、時間に制約されないで、自分の追求したいだけの描き方を追求していればいいんだけれど、せっかちな自分はつい速描きのスケッチばかりしてしまうのは、座ったままでパソコンに向かっていることがかなり苦痛に感じてしまうので、お外に飛び出してしまうのだけど。。。
そんな反省から、小さいカットを少しづつ描きためてみようかな、と思っているうちにまず、自分が写っている写真を資料に始めて見ました。

Photo


Chicago_pizza


今日の一枚 古い額の再利用

家にあった金属製の額縁をペンキで塗って、中に入れた絵のサイズとあっていないので、マスキングテープと養生テープでマットの代用してみました。自宅使用。飾ってみてどんなか様子を見ながら、飽きたらまた違う作品を入れ替えてとある空間に飾る予定。

51880943_2364304250247907_621034151


2019年2月 6日 (水)

今日の一枚 スイートピーと本

花、林檎、本。単純な構成ですが、本を開いた様を正確にそれらしく描写するには、カーブのある対象をいかに相対的に他のものとの比較でテーブル上に置かれた状態のパースを測れるか。面倒臭いと言っておろそかにすると逆にずっと形が捉えられず、最後まで形の修正に手間取るので、最初から丁寧に片目を閉じ、比率を割り出す作業をしっかりした方が早道なんですが。(それでもその手間を難しいと感じて、やる前から尻込みされてしまいがちです)

51751344_2358731414138524_777642561


2019年2月 5日 (火)

Urban Sketchers Workshop : Wink and Squint

Facebook1200x660px_kumis

5月に横浜でWink and Squintと題したWorkshopを行います。
これはUrban Sketchers のWorkshop programです。

主な内容:
Workshopの前半、目の前の景色をよりそれらしく描写するコツを学びます。鉛筆の柄を使い対象物の相対的比率を正確に測るスキルをきちんと身につけます。その時のポイントは片目を閉じること。色鉛筆の線画でデッサンします。

後半は、三原色を使い、その配合、濃淡であらゆる色味を表現する画法を学びます。少ない色で効果的に必要な明暗、彩度、色相、奥行き感を出すコツを配布資料と実際の現場でのデモ見学、さらに前半で描いた線画に着彩しながら覚えます。その時のコツは目を細め、意識を対象物が何色であるかではなく、隣り合うスペースとの相対的な明暗、(どちらがより光を受けているのか)を見定めること。

午前と午後の2回、どちらも定員20名まで。
http://www.urbansketchers.org/2019/02/usk-workshop-wink-and-squint.html

2019年2月 1日 (金)

今日の一枚 アタリメと缶ビール

皆さんに持ち寄っていただき、セッティングした今回のモチーフは干物(焼いて持ってきていただきました。なので、カールしている様子が面白いと思います。

美味しそうな匂いを嗅ぎつつ描きました。
51293373_2350959361582396_821075347

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ