水彩画

2019年8月 8日 (木)

今日の一枚 ハイビスカス

咲いたら1日で散ってしまう儚い花。ちょうど教室のある日に開いたので、描きました。

67775660_2665495506795445_27044422895471

2019年7月 5日 (金)

今日の一枚 フルーツの盛り合わせ

今日はフルーツを描いて、その後で皆さんと試食するという、描いて美味しく、食べて美味しい会でした。

目の前のフルーツを描き終わったら食べれるという想いもあってか、サイズだったり、お皿の楕円だったりが

なんだか妙に膨らんだり、傾いだりする傾向の作品が多かっったのは、フルーツをゆっくりとみていられない心理

が働いたのでしょうか?

66122550_2605686806109649_47474772978905 66273156_2605686936109636_39467592348629

2019年6月15日 (土)

今日の一枚 紫陽花とゼラニウム

いつものように、直描きで、ざっくりと絵の具でデッサン兼着彩し、これから細部を描き込む、あるいは抜くことでもっと奥行き感を出したいところでしたが、時間切れになり、色面構成で終えてしまいました。まあ、いつものプロセスがこんな感じです。

62526203_2569340676410929_66181897958876

2019年6月11日 (火)

今日の一枚 百合

一本の茎からたくさんの花を咲かせた百合をいただき、描いてみました。

右から光が当たっていて、左側の陰の花の色をもう少し実際の色味に似せたまま描きたいところでしたが、立体感、明暗の表現を優先して、暗みを強調しました。

 

64329962_2562183450459985_82982685856088

2019年6月 8日 (土)

今日の一枚 逆光の紫陽花

窓越しに描いたので、花が実は目を細めればほぼ陰のシルエットとして潰れている状態ですが、もう少し背景も花も明るめに描いても良かったかなと思います。

62422418_2556788590999471_20271182503865 62446982_2556788554332808_34849059654116

2019年6月 7日 (金)

今日の一枚 紫陽花

かつて描いた気に食わない作品の、紙の裏を利用して、パレットに入っている絵の具の色の混色チャートを作ってみました。なんとなく普段使っていて、知っているつもりになっている絵の具でも、片っぱしから実験的に混ぜた色をこうやって一つ一つ描き出していく作業はものすごく時間がかかるけれど、一回はやってみると、より発色について理解できるものだと実感しました。
62136164_2553619887983008_86583312375191

61837512_2553619907983006_85783653459689 61975187_2553619977982999_38673334096803 62167456_2553619944649669_65273154604997

その後で、恒例の紫陽花を描いてみると、色だしがいつもより少ない手数で、効果的にできます。

61902886_2554712047873792_59131592662979

62308879_2554712041207126_16426443057408

2019年6月 2日 (日)

桜彩会の屋外写生会

たまにはみなさんの作品を紹介。横浜でのworkshop Wink & Squintの前後にこのクラスでは、やはり三原色のみを使ってのスケッチ会を地元の公園などで行いました。

よくやってしまいがちな、見たものの色を認識するとすぐにパレットにある絵の具から、似たような色を選んで塗りつけてしまうという無意識に子供時代にしていた描き方の踏襲(空は青、木は緑、幹は茶色、地面がねずみ色)と違い、使用絵の具を赤、黄、青色と制限された中で、いかに現場を観察し、それの明暗に近づけつつ、色味に配合で変化をつけるか、いつもより気の使いどころ、調合に配慮をして完成させているか、作品の中の調和など、出来上がった見栄えがいつもの作品と違うのがわかります。

三原色使いのコツが身につくと、どんどん応用していく中で、より複雑でありながら理想とする色味を出すことが楽にできるようになると思います。

61836303_2543840788960918_14397645934370

2019年5月31日 (金)

今日の一枚 水田を描く

YPAひまわり会では、水田を描きに、少し足を伸ばして学習センターから15分くらいの田んぼまで出かけました。やや曇り空で、風が強く、少し寒いくらいだったのですが、スケッチをするにはいい陽気と、ロケーションでした。水面から顔を出す苗が清々しく、このテーマをまた描きに行きたいと思います。

61681829_2542140432464287_38693704009997 61409165_2542140382464292_44902301672721

2019年5月 8日 (水)

今日の一枚 白い蘭

マッチレインボーカラーという絵の具の3原色のみ使い、白い花と白い器と白い壁をどう描きわけるか、のチャレンジをしました。

大雑把に4レーンの花の列の陰影をオレンジ〜黄色系と紫〜ブルー系で面分けし、背景は彩度を落としたオレンジがかった3原色の混合の暖色トーンを配置、鉢は花より明度を低くした寒色を配し、徐々にディテールを描き足しました。この絵の具の粒子が細かく、混色してもよく混ざり色出しはしやすいものの、あまりなんども重ねをすると、下に描いた下塗りが溶け出し、剥がされやすく、扱いが難しいです。

 

60084778_2502399739771690_10333215646547 59606189_2502399786438352_16290611366597 60094848_2502399813105016_26505832793961 59764408_2502399829771681_53436073940919 59913564_2502399869771677_33916350425674 59910749_2502399999771664_41564482828071

こちらの記事もどうぞ。

2019年5月 4日 (土)

今日の一枚 引地台公園にて

桜彩会ではまた今度の横浜でのWorkshopの練習も兼ねて、3原色使いでのスケッチ会をしました。下地塗りにはチューブから出した色のままの混ぜない絵の具から先に塗り、徐々に混色して作る色味を足してゆき、時々パレットの古い混ぜ色を掃除して、常にパートごとに混ぜる比率を変えた新しい色を作りながら重ねます。また、同じ色同士を重ねることでできる色味に対し、下地の色と対比する色味の絵の具を重ねることで表現する濃さの変化、暗みの出し方など、多分いつもなんとなくやっていることも、あらためて理屈を説明しながら効果を見てもらいました。

59305990_2495507997127531_20516971585155
こちらの記事もどうぞ。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ