2024年5月29日 (水)

桜彩会作品展 (5/29~6/2まで)

水彩の会、桜彩会の作品展が5月29日(水)から6月2日(日)まで、桜ヶ丘学習センターのギャラリーで開催しています。

なかなか見応えありです。自分はモデルとしてポーズしつつ指示したりしていますが、それらの作品もご覧いただけます。
445767104_8104416426236632_5328851052115 445181707_8104417036236571_1322857678446 445745280_8104417529569855_1689497149802 445741080_8104416229569985_6747922197085 444216612_8104416456236629_5345009136003 444204660_8104416686236606_4270804370532 417392176_8104417052903236_3394163950249 445169854_8104416189569989_7976566557242 445046999_8104416632903278_5754873495301

2024年4月17日 (水)

スケッチブック展in Kawasaki

先日行われた嵐のような横浜スケッチブック展に続いて川崎でも開催されます。
●主催/スケッチ楽描きの会
●協力参加にアーバンスケッチャーズ東京の9名(4/1現在)のメンバー
●場所/神奈川県立東高根森林公園
●会期/4月14日(日)~21日(日)
●時間/09:00~17:00
●森林公園URL
https://higashitakane.com/
●アクセス
溝の口駅~がおすすめ
https://higashitakane.com/access/

2024年4月 1日 (月)

4日間のスケッチブック展が終了しました

横浜のブラフ18番館で行われた4日の間ではスケッチブック展には寒い雨の日にもかかわらず見に来てくれた方も沢山いて、また、すっかりスケッチの楽しさを展示中のスケッチブックから感じ取られた方達がぜひスケッチ会に参加したいとの声もあり、とても有意義だった展示となりました。企画から用意、展示作業、当番、片付け、どれも大変な作業ではあるけれど学生が文化祭をする時の感覚にも似た、仲間との濃い時間を楽しめました。ご来場いただいたみなさんどうもありがとうございました!

433136723_7822949531049991_7706961068886

2024年3月14日 (木)

Sketchbook Exhibition in Yokohama ブラフ18番館

「スケッチ楽描きの会」と「Urban Sketchers Tokyo」が主催するユニークな展覧会です。

展示されるスケッチブックは直に手に取ってページをめくりながら鑑賞する事ができます。

また、実際のスケッチブック以外にも海外や遠方に住んでいるスケッチ仲間の作品がプロジェクターでディスプレイされます。

展覧会概要

開催期間: 2024年3月25日(月)〜28日(木)

時間: 9:30-17:00 (初日12:00から、最終日14:30まで)

会場: ブラフ18番館、神奈川県横浜市中区山手町16-1、231-0862

入場料: 無料
1f87d9664a8e4338b77a36a9ce9a2b67_1_105_c

2024年3月 8日 (金)

パステル画 帽子シリーズ

水彩とパステルの会、ひまわり会で、じつは最近あまり描いてこなかったパステル画を描きました。

こういう細々した模様のあるものの柄をその色を拾ってはのせていく作業は水彩よりパステルを使う方が断然楽ちんです。

428684377_7681115991900013_4230701770784

2024年2月18日 (日)

3月、桜彩会ではペン画を描く予定です

水彩の会桜彩会では(水彩とパステルの会、ひまわり会でもそうですが)クラスの始まりにクロッキーを10分間やり、人物画のウォームアップをし、続いて前週に描いた作品の講評会をやり、その月の課題に取り組んでいます。結構盛りだくさんになります。みっちり3時間の絵画教室。

さて、3月は水彩はお休みしてペン画をすることになりました。線の勢い、太さ、ペンの違い、ハッチングにするか、塗りつぶすか、など線画だけを突き詰めていっても面白い世界です。楽しみです。画題はとりあえずどなたでも持ち込みやすいカップや茶器、グラスなど描きます。

こちらは春節を祝うムードの中華街の様子。ペン画を描くつもりで行った訳では無かったのですが、結果線画の作品になったので参考まで。

417413844_7630664106945202_7934971148779 417405467_7630664380278508_2291687814441

2024年1月29日 (月)

水彩で描く茶器など

今回は色鉛筆であたりを取ったのですが、目算を間違えて、右に寄り過ぎに描き始めていたので途中で軌道修正。全体に左にずらしてあたりを描き直しました。その形跡がしっかりと残った作品となりました。気付いたところで引き返す、タイミングを見失うとtoo lateとなってしまうというケースがあるよ、の反面教師的サンプルになりました。

420640232_7544569875554626_5446021447874

2024年1月 6日 (土)

2024年最初の水彩画クラスで描いたのは陶器類

何か新年っぽいモチーフを持ち寄って描きましょうという事で、家の中で眠っていたアイテム黒ジョカ、相馬焼の徳利、招き猫を組み合わせ写真のような段取りで描きました。あたりはパステルを使っています。

背景とテーブル面を先に一気に塗り、徐々にそれぞれのアイテムを少し描いては別のアイテムへと同時進行気味に描き進め、最後に染め付けや釉薬のクラックのディテールを描き込んでいます。

猫が右の手をあげているので、どっちがお好み?日本酒!と言ってるように見えませんかね?

417740660_7492929310718683_7452400232651

417379863_7492933540718260_7623416119511 417433221_7492933704051577_7260011561838 417392083_7492933520718262_2572362965275

2023年12月 8日 (金)

Ginzaの建物スケッチ

この日はスケッチ会で、仲間がホコ天に集まって描いていた最中自分は昭和通り沿いの建設途中のビルにチャレンジ。

一見シンプルながら、実は縦に入る柱(っていうのかしら?)が上下で幅が違い、下に行くほど太くなるため、窓の横幅がそれに合わせて下の階ほど狭くなっていたり、横に走るツートーン(白とクリーム色)の壁のストライプの色比率もグラデーションがかかるように変化している。デザインがコンピューターでできた感じ。手描きでデザインするならこんなややこしい装飾するかな、と思ったり。

407393922_7366393533372262_5694244832354

407448312_7366393876705561_6868956739116

そしてこちらは三原橋にある築地警察署三原橋地域安全センターとその周りのビル群。

  Tempimage1vtnwy Tempimagewfwkq6 Tempimage3svkbn Tempimage6odpjx Buildings-in-ginza

どちらも縦横の比率を図り、一棟描いたら周りのビルはどこか頼りになる幅と比較しながら相対的な比率を割り出して描き加えていきながら慎重に空間が歪まないように注視した描き方です。

2023年11月15日 (水)

ひまわり展 15日から19日まで Ikoza ギャラリーにて

ひまわり会のグループ展示会が15日から19日(日)まで開催中。時間:10時ー16時

最終日は15:00まで。

398607094_7299520210059595_7412302815248 400859566_7299520566726226_3644194412743 400993040_7299520813392868_5474298576221 400974766_7299520593392890_6226151721317 400854469_7299520433392906_2516534440176 400863241_7299520186726264_8530076980351 398606277_7299520796726203_1180947590267 400891640_7299520446726238_2186837549449

«千葉のBrown's Fieldまで行ってきました

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ