« The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−5 | トップページ | The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−7 »

2014年9月24日 (水)

The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−6

この日も早朝スケッチしに朝食前にCasa da Cultura前に行って、カラーペンで団扇にスケッチを描き始めたけれど、時間が足らず、途中で一旦ホテルに戻った。そして朝食を摂った。

10580128_849638751714472_85508441_2
10390560_849638888381125_9327392985
この日の午前中はworkshopをとらず、自由参加できるsketch walkに参加することにした。そこで、demo D4 を担当するマレーシアから来ていたKiah Kieanに会い、彼のChinese ink と小枝で出来たペンを使って描く様子を側で見せてもらう事が出来、また、そこで彼の使っている道具を貸してもらい、描いてみたりできた。シンガポールのTiaやリオ出身のThais、ベルギーのGérard の甥のFabienに会え、彼らの作品もゆっくりと見せてもらえた。また、地元の人とも話せたり、のんびりと過ごせた。
936687_849639321714415_794357220961
10606098_849639458381068_2098515538
10616253_849639525047728_7580376347
Kiah Kieanのすばらしいパノラマ。
10603355_849639431714404_6671304568
TiaとThais
10636020_849639618381052_6014289544
A_church_paraty
この時に描いた団扇絵。
10427213_849639635047717_8927637091
995067_849639658381048_309609045014
スケッチしてる私の姿をスケッチしてくれたFabien の作品。
Sketching_with_kk
これはKiah Kieanに借りたペンとインクを使って、彼をスケッチ。
1486617_849639945047686_22715629969
お昼は熱々のチョコレートチュロをいただいた。
午後は、サンパウロ出身のCarlos Avelinoのdemo D1: watercolor demoに参加した。
10583908_849640335047647_3425016208
10612612_849640418380972_1802482749
10603705_849640465047634_5953740279
素晴らしい色使い!道具も丁寧に説明してくれながらのデモを1時間見る事が出来すっかりファンになりましたよ。この時の参加者が私以外(多分)ブラジルの人だった中、そのデモの参加者のBiという若い女性が時々私のためにポルトガル語から英語に通訳をしてくれたので、より楽しめた。彼女はこの後すぐ私のデモの時間にも来てくれ、そこでも英語からポルトガル語への通訳をしてくれたのでとても助かった。
この後、一旦Casa da Culturaに戻り、私のデモのD2: Sketching straight to watercolorに参加する人が集まるのを待ち、その後Chafariz Squareに移動。
このデモは下描きをせず、直接水彩で初めから終わりまで仕上げて行く画法を紹介実演するもので、時折必要かと思える時に説明を加えつつ、とにかく時間内にスケッチ画を仕上げることに意識して、どうにか初めてのデモを終えた。
10409347_849641465047534_8100162493
かなり大勢の参加者の人が来てくれ、緊張しつつも楽しめた時間。
1604888_849641531714194_29823972554
その時の様子をBéliza Mendesが、スケッチしてくれていた。これもとても雰囲気が出ていて、その場の臨場感があり、思い出深い。私はこの日祖母のものだった羽織を着て行った。(和ものをどこかに取り入れようと思ったので)Bélizaがサムライみたいだったよと言ってくれたのがちょっと嬉し可笑しいかった。
My_demod2_sketching_straight_to_wat
これがその時に描いたスケッチ。もう少し描き込みしたかった所だったけれど、おおよその手順等の説明を重視したため、またスケッチブックをよく見えるように大きめの物を使ったのもありこの日はこれが精一杯。
この後、夕方から夜にかけて、Activity A6: Unfolding a sketching storyと題された、Richard Almarのアクティビティに参加した。
10653331_849642591714088_2057767771
1902785_849642551714092_167835510_2
Richard Almarのアクティビティでは、Paratyで一番にぎやかな通りを、その始めの地点に立ち、そこから見える限りの場所までの景観のサムネイル画を描き、さらに通りを一本の縦線で表した後に、通りを歩いて行きながら必要と思われる情報を描き加えていき、自作の地図を作るという、トラベルスケッチの一つを紹介する物で、とても役に立つ方法だった。このやり方でまだ土地勘のない、訪れたばかりの街/道を記録していっていれば、もっと早くその街を理解出来たり、方向感覚が養われたかもしれないと思った。特に夜、普通にスケッチ出来ない間にこういったことをしておくのは良いアイディアだと。
Activity_a6unfolding_a_sketching_st
Activity_a6unfolding_a_sketching__2
その日の夜は泊まっているホテルのすぐ側のレストランでまた数名と集まって飲食。
In_the_restaurant_at_night_paraty
10659394_849644928380521_1230940320 10616671_849644195047261_2040290682
スープと(バドワイザー)とCaipirinha.

« The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−5 | トップページ | The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−7 »

Urban Sketching Symposium」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−5 | トップページ | The 5th International Urban Sketching Symposiumに参加して来ました−7 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ