« 横浜港の見える丘公園にてスケッチ | トップページ | アボカドの苗とフルーツ »

2019年11月 6日 (水)

Faber-Castel製品で風景を描く

先日のスケッチイベントでいただいたFaber-Castellのピットペン、来春発売予定の水彩マーカー、水彩色鉛筆を使って描いたプロセスを紹介します。あくまでもこの手順は実験的なもので、もっと手数を少なく、効果的な表現ができるのでは、と思います。日々さじ加減を研究中。

74786457_2843582215653439_73276618155826 73458727_2843582238986770_11815431151277 73482860_2843582298986764_52230385954172 73390601_2843582328986761_67273169090599 74706410_2843582395653421_47775606747609 73372181_2843582472320080_90636190876025 74692533_2843582488986745_73094045237877 74664552_2843582535653407_65069289687325 73342345_2843582558986738_15493135067575 74588504_2843582588986735_39808258374180 76603167_2843582618986732_14928754546447

« 横浜港の見える丘公園にてスケッチ | トップページ | アボカドの苗とフルーツ »

スケッチ」カテゴリの記事

sketching」カテゴリの記事

Urban Sketchers Japan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜港の見える丘公園にてスケッチ | トップページ | アボカドの苗とフルーツ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ