« ガラスのつけペンとインクを使って、屋外でスケッチ | トップページ | 紫陽花を描く »

2022年6月12日 (日)

枇杷の枝

枇杷は食べたことがあるのに、その枝、葉を実際に手に取ってみたのは初めてです。すごく大きくて、立体的で、迫力があり、描きごたえあり、2種類の描き方で攻略してみました。

最初の一枚は、先に水彩であたりを取ってから、ガラスのつけペンとインクで縁取りや細かなディテールの描き込みをして、最後に再び水彩のタッチを加えたものです。構図がだいぶ右下寄りになってしまっていたので空白部分を手とインクボトルを描き込んで埋めました。

287126886_5586371304707836_2249704554211 285163751_5586371341374499_5602551856410 285432783_5586370951374538_2618837081600

もう一枚は水彩の直描きで、枝をワイヤーで吊り下げて、実際に木に生っているようなアングルに設置して、見上げて描いています。

286211558_5588557187822581_1925357894562

« ガラスのつけペンとインクを使って、屋外でスケッチ | トップページ | 紫陽花を描く »

水彩画」カテゴリの記事

画材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガラスのつけペンとインクを使って、屋外でスケッチ | トップページ | 紫陽花を描く »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ