« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月30日 (日)

どんぐりでインクを作って描いてみた

たくさん拾って、鍋で煮出して、インクもどきを作りました。

それを使ってつけペンや筆で描いてみたら、なんとも味のある優しいインク色の明暗が描けました。

けして実用的なものではないけれど、お遊びとしても、なんだか昔の時代の道具を使っているかのような錯覚を起こす面白さがありました。

312820266_5998895083455454_2388671889711 312531569_5998899583455004_3700454610201 312936585_5998899313455031_6833901701886 312173163_6000409539970675_4100934725370 311859756_6000409526637343_8624898728800

2022年10月24日 (月)

街の夜景の180°パノラマを描く

たわめたパースで、ほぼ180°左右に見える景色までを描き込む画法は、描く物体を近くから観察できる利点があります。

使い古しの水彩画用紙にボールペンで描いた後、自宅にて色鉛筆とマーカーで色を味付けに足しています。

311571902_5974719385873024_8946360115071 312448971_5974702615874701_4186669489957 298651141_5976009742410655_2323673229585

2022年10月22日 (土)

見たものそのままの色を再現しようとしないで描く

今回のお題に持っていった素材が白地に花柄のティーポット、ティーカップ、お皿です。

大抵陥りやすいNGの描き方が、形をとった後に物体の量感や陰影、奥と手前の陰影の差を表現する前に、表面についている柄に引きずられてその模様を先に描き始めてしまうケース。(これが何度注意しても起こるのです)

今回は、見た通りの色を再現しようという意識を捨てて、置かれている物体同士の存在感、位置関係、陰影による距離の差(手前と奥の違い)を描写するのにあえて別の色を使って、使える色を制限して描くというのをやってもらいました。

いつもと違うお題を出されたことで、やや混乱してしまったり、普通に当たり前に見ていたものを違う意識を持って見るという課題にやや緊張されて筆が遅くなってしまうケースもありますが、何度かやってみると、その見方が身につくと、表面的なものを追いかけるのではなく全体の存在感を意識しての(光学的にものを見る)捉え方が身につくものだと思っています。

絵画教室ではデッサンの練習や、鉛筆で描く明暗を正確に描写するトレーニングの量が足りず、こういう視点が身につかないまま同じ轍を踏んでしまうケースがあるので、たまにはアプローチを変えて、トレーニング的要素のあるお題で練習がてらに描いてもらいます。

311942914_5970919856252977_4831421582611

2022年10月17日 (月)

坂道を描く

桜ヶ丘学習センターの先をしばらく歩いたところでこの風景に出会えます。

この景色を描くのは2回目。急な坂の先がカーブし、その先はどこへ繋がるんだろうと、描いていてもワクワクできます。

坂道のパースをそれらしく捉えるのはなかなか難しいと思われがちですが、高さに対して幅の比率と、傾斜角度を片目を閉じながら鉛筆やペンの柄で冷静に測ることができれば普通の景色を描くのとさほど変わらずにできるもので、とにかく何度も描いてみること、それからどこがうまくいってないかを自分で判断できるようになることが大切です。なんか変だと気づくのに、何が変なのか見極められないと同じ轍を踏むことに陥りやすいです。

311439080_5951271738217789_8220983094757 311460209_5951271904884439_2700676136250 311468391_5951271881551108_7483057593130 311570140_5951271754884454_4102677128687

2022年10月14日 (金)

DOUTORでお篭りの午前中

雨になったので、公園はやめて、喫茶店でスケッチすることにしたグループで、お互いを入れ込んだ室内の様子スケッチ。

最初は薄い色であたりをとり、徐々に濃い色を入れていきながら、おおよその形が決まったら、はっきりとなるように描き込んでいくといういつもの流れを説明しながらのデモの最中と、では描いてみましょうと描き出した時の様子の時間差スケッチ。パラパラ漫画のように見比べてください。

310640778_5947887225222907_7249658070695 310386337_5947915281886768_1746563381420

これらは使用済みの(元々色がついた)水彩紙に、さらにインクやペン、マーカー、水彩で描き加えたパノラミックフォーマットのスケッチ。

311251989_5947897751888521_2600827094542 309205484_5947897765221853_9768201967428

2022年10月10日 (月)

築地本願寺、そしてスクランブル交差点、からの宮下公園

Urban Sketchers 繋がりで知り合いのShihoさんがLAから東京を訪れていたのでスケッチ会しようということになり、Urban Sketchers Japanの今月のロケーションを築地本願寺にしてみんなで集まりました。ほぼみんながあの建物の立派な姿を描く中で、自分は狛犬に興味が行ったので2体を前からと後ろから捉えてみました。翼があり、羽根の意匠が施されたマッチョな姿がカッコよく、良い感じに晴れて暖かい日差しの中で気持ちよく集中して描くことができました。

310141274_5931181000226863_8065325593314 310328369_5931180520226911_3183138278628 310098311_5931180880226875_3346869082273 311297102_5931180710226892_8386407551976

310803296_5931180823560214_4400290679924

 

スケッチ会の後、SHihoさんと二人で渋谷に出かけ、日暮れどきのスクランブル交差点と、新しくできてから行けていなかった宮下公園に行って、おしゃれな若い人たちの集まる異空間の様子を暗い照明の中、描いてみたのでした。SHihoさんに誘われなければなかなか行けてなかったであろう(自分的には物理的に近いのに精神的に遠くにある)場所にも行くきっかけができ、久しぶりにプチ観光な時間を過ごせました。

310085505_5931225073555789_1349043155039

左はShihoさん作の水彩画、右は自分ので、マーカーとボールペンで。

310445640_5931225566889073_8364221483393

310305550_5931225130222450_7693021781971 309993166_5931225306889099_8006864931558 310492330_5931225336889096_7012784311457

ベンチや人工芝のあるスペースがくつろげ、こういったスペースがもっとできると良いなあ。

2022年10月 2日 (日)

GIONスタジアムで和太鼓の演奏会

タイコラボ町田主催で、GIONスタジアムにて和太鼓の(クラスの発表会とゲストによる)演奏会が行われ、秋晴れ(というにはまだ夏のようでもあった)その日、リハーサルから全ての演目が終了するまでの終日を爽やかな空気を(マスク越しではあっても)存分に吸って、太鼓の演奏に浸ったのでした。

リハーサルの間にちょこっと、マーカー、ペン、ボールペンでスケッチ。

309722903_5909064432438520_1455852218419 309040469_5909064585771838_3515356328832 309042384_5909064455771851_2443048284586

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ