« DOUTORでお篭りの午前中 | トップページ | 見たものそのままの色を再現しようとしないで描く »

2022年10月17日 (月)

坂道を描く

桜ヶ丘学習センターの先をしばらく歩いたところでこの風景に出会えます。

この景色を描くのは2回目。急な坂の先がカーブし、その先はどこへ繋がるんだろうと、描いていてもワクワクできます。

坂道のパースをそれらしく捉えるのはなかなか難しいと思われがちですが、高さに対して幅の比率と、傾斜角度を片目を閉じながら鉛筆やペンの柄で冷静に測ることができれば普通の景色を描くのとさほど変わらずにできるもので、とにかく何度も描いてみること、それからどこがうまくいってないかを自分で判断できるようになることが大切です。なんか変だと気づくのに、何が変なのか見極められないと同じ轍を踏むことに陥りやすいです。

311439080_5951271738217789_8220983094757 311460209_5951271904884439_2700676136250 311468391_5951271881551108_7483057593130 311570140_5951271754884454_4102677128687

« DOUTORでお篭りの午前中 | トップページ | 見たものそのままの色を再現しようとしないで描く »

水彩画、パステル画教室」カテゴリの記事

スケッチ」カテゴリの記事

sketching」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« DOUTORでお篭りの午前中 | トップページ | 見たものそのままの色を再現しようとしないで描く »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ