水彩画、パステル画教室

2022年12月 6日 (火)

コーヒーをインクにして描く、意外といい色

絵画クラスで来年、無料のワークショップをすることとなり、さあ、何をしてもらおうかと考えた時、これ、やってもらおうと出てきた案がコーヒーで描く。もうインスタントコーヒーとなんならつけペンがわりに割り箸を尖らせれば画材もいらない。初めて絵を描く体験に、道具を買わなくてもあるもので楽しめるものだと知ってもらう体験の予定。

317708760_6101429096535385_1776663318756

2022年11月19日 (土)

墨運堂さんの顔彩セットを使って、試しにはがき絵を描いてみた

先日プレゼント企画であたり、墨と硯と顔彩のセットを墨運堂さまより送っていただいたので、今日クラスでのスケッチ会で、自分はハガキに試し塗りがてらスケッチに使ってみました。

まず全てのカラーを紙にのせてみてわかったのは、このセットには青色が入っていないシリーズになっているということ。(青っぽいダークトーンはあります)

315742345_6059990730679222_1392185092975

なので、先日色変換しながら描くというお題でクラスで描いたように、青っぽい色を足すことで表現したかった部分は、それに代わる濃淡と似たトーンの色を見つけて塗ってみることに。

315483353_6059991700679125_6949286888967

引き締めに、万年筆の線を足してみました。落ち葉を拾う親子も入れました。

315592013_6059990920679203_5860728948655

次に、先日から使っているどんぐりインクなら茶系なので合うのではないかと思い、最初に下描きのように入れたベースに直描きで顔彩を乗せ、加えて最後にトーンをダークにしたい部分にどんぐりインクを重ねてみました。

316254421_6059991530679142_7094891876072 315552401_6059991204012508_9016986250633 315954800_6059991367345825_912395885888805b45630cada404c9bd63fcb6e9d644dTempimagee2tybx
つい写実スタイルになってしまうのですが、絵手紙風のサラリとそのままの色を綺麗に乗せる表現も追求していきたいと思います。

どんぐり、松ぼっくり、そしてコーヒーでも描いてみた。

先日のインク作りから、それぞれの色の濃さ、使いがっての個性が見えてきました。

インクはなかなか乾かない、乗せてもなかなか暗い色にならない。そのマイナスに見える特性が、むしろ役立って、これでもかと影付けの手数を足すことによって、普通に安易に付けられていたダークの部分が微妙に心地よくグラデーションを持ちながら暗く表現できていたりします。

それぞれの発色の違いを活かして配色すれば、濃淡の淡さの中にしっかりとした変化を出すこともできます。

ついでに足したコーヒーで作るインクは、もうその名のごとく即席で作れるので、これも楽しい。

314630495_6047613848583577_2801285362000 315435267_6047614008583561_7763676632321 314935255_6047614018583560_5200210734455 315020316_6047613898583572_6146988809751 316173137_6057073264304302_3207488519228 315586804_6057073254304303_5541262420111

2022年11月13日 (日)

またどんぐり、松ぼっくりでインク作る

クラスの皆さんに拾ってきていただいた大量のどんぐり、松ぼっくりをとにかく鍋で煮出して汁気がインク状態になるまで、みんな立ちっぱなしでこの理科の実験のような、家庭科のような時間をすごしました。

できたインクで次週、何かしら描こうというお楽しみ。

315215645_6036757726335856_9000230060536 314356556_6036757193002576_9851105083023 314405578_6036757709669191_4743316516725

早速家で試してみたのがこちら。
314029627_6036757376335891_9938884606942

2022年11月 5日 (土)

脳トレ式、色変換しながら描く

今日は皆さんに、あるお題を出して描いてもらいました。

見た通りの色を再現しようとせず、認識した色ではない色をあえて使って、しかし明暗や、隣り合うもの同士の相対的な濃淡の感じは残して描く、というものです。

よく美大受験では石膏デッサンや、鉛筆デッサンで、モノクロの明暗をきちんと捉えるという練習はさせられるのですが、その見方をモノクロではなく、色変換してもなお、そのあるがままの濃淡を再現するんだという意識を持って描くのが狙いです。

というのも、ついカラフルなもの(みかん、かき、りんご、黄色い花)などを描くときに似た色を乗せただけで描いたような気になってしまい、物の関係性が表現できないまま、形は取れていて、色もそっくりに乗っているけどそこに置かれている存在感が出し切れていないということが起こるので、この色変換の脳トレを通じて、もっと明暗に意識を注ぐきっかけになってくれないか、と思ったのでした。

313273577_6019173564760939_2463200143644

こちらは描いた絵をあえてモノクロの変換した物です。この状態にしたときに濃淡に違和感がなければ色変換しても明暗を描けているという事になります。

314335543_6019174611427501_8952278226842

こちらが意識的に色変換して描いた状態です。葉っぱは赤。りんごは青。みかんはぴんく、柿は茶色、木の器は青系、グレーのテーブルはベージュ、とどこもかしこも色変換していますが、ほぼ濃淡に意識して描いているだけなので、ただのデッサンみたいな仕上がりに見えていると思います。

2022年10月22日 (土)

見たものそのままの色を再現しようとしないで描く

今回のお題に持っていった素材が白地に花柄のティーポット、ティーカップ、お皿です。

大抵陥りやすいNGの描き方が、形をとった後に物体の量感や陰影、奥と手前の陰影の差を表現する前に、表面についている柄に引きずられてその模様を先に描き始めてしまうケース。(これが何度注意しても起こるのです)

今回は、見た通りの色を再現しようという意識を捨てて、置かれている物体同士の存在感、位置関係、陰影による距離の差(手前と奥の違い)を描写するのにあえて別の色を使って、使える色を制限して描くというのをやってもらいました。

いつもと違うお題を出されたことで、やや混乱してしまったり、普通に当たり前に見ていたものを違う意識を持って見るという課題にやや緊張されて筆が遅くなってしまうケースもありますが、何度かやってみると、その見方が身につくと、表面的なものを追いかけるのではなく全体の存在感を意識しての(光学的にものを見る)捉え方が身につくものだと思っています。

絵画教室ではデッサンの練習や、鉛筆で描く明暗を正確に描写するトレーニングの量が足りず、こういう視点が身につかないまま同じ轍を踏んでしまうケースがあるので、たまにはアプローチを変えて、トレーニング的要素のあるお題で練習がてらに描いてもらいます。

311942914_5970919856252977_4831421582611

2022年10月17日 (月)

坂道を描く

桜ヶ丘学習センターの先をしばらく歩いたところでこの風景に出会えます。

この景色を描くのは2回目。急な坂の先がカーブし、その先はどこへ繋がるんだろうと、描いていてもワクワクできます。

坂道のパースをそれらしく捉えるのはなかなか難しいと思われがちですが、高さに対して幅の比率と、傾斜角度を片目を閉じながら鉛筆やペンの柄で冷静に測ることができれば普通の景色を描くのとさほど変わらずにできるもので、とにかく何度も描いてみること、それからどこがうまくいってないかを自分で判断できるようになることが大切です。なんか変だと気づくのに、何が変なのか見極められないと同じ轍を踏むことに陥りやすいです。

311439080_5951271738217789_8220983094757 311460209_5951271904884439_2700676136250 311468391_5951271881551108_7483057593130 311570140_5951271754884454_4102677128687

2022年9月16日 (金)

ひまわり展 9/16~9/20まで高座渋谷学習センターのギャラリーで開催

16日から始まりました。9:30から16:00まで。

最終日(火)は15:00までです。

●おことわり:

台風の影響により、最悪ギャラリーを開けられない事も起こり得ます。

306925400_5863886870289610_7077514376000 306582527_5863886890289608_4460060177695
歩いてちょっとのところに美味しいラーメン屋さん見つけました。八雲にてスタミナラーメンを完食。

306750889_5863887000289597_8290458742675 306357093_5863886986956265_1077214136977

2022年9月10日 (土)

桜彩会の展覧会は11日(日)の13時まで

展示もあと二日となりました。

305201708_5833628259982138_6770306615222

昨日午後に展覧会を覗きにいくといろいろな方とお話しすることができました。
コロナ禍の自粛生活以来、久しぶりに気さくな会話ができた時間でした。

24265320455_5ac9910b3c_o_20220910102501

 

2022年9月 3日 (土)

2色使いでクロッキー

今日のクラスでは最初に明るい色で体のボリューム、構造を意識して描き、それが信頼できる描かれ具合なら安心してその上から暗い色(黒)でさらに迷いのない線で詳細なディテールを描き込み、いや、その下描きがどこか違っているようならそれを修正するつもりでより丁寧に観察しながら描き込む、という流れでお互いを描き合う時間を設けました。

しかし、その意識が抜けると単に2色を重ねただけの(先に描いた線を疑いもせずトレスしたような)絵になってしまうので、明るい色で描いている時の目的(構造に意識して当たりを取る。さらにその形が本当に納得がいく形にできているか、次のステップに移る前に批判眼を持って絵を観察するプロセス)と、黒で描く時の目的(下に描いたボディーの構造に応じて服が体にどう密着していて、どう皺が生じているか、髪がどんなふうに生えているかをベースの形を信頼して描き込む、または正す必要があるフォルムを描いていたならより正しいフォルムに修正しつつ描き込む)の意識を思い返す必要があります。

講評会では、何枚か描いているうちに段々と調子が出てきて良くなっていくパターンと、段々と観察する集中力が切れてしまい、手を動かすだけの(自動書紀みたいな?)目的意識がなくなって、見てるふりして観察できないまま描き進めてしまったパターンが見て取れました。

画法的には悪くないけれど、意識を自発的に集中できないと、描いているんじゃなく描かされている、になっちゃうのが難しいところだと思いました。

302509932_5828145443863753_6890102394708 302458372_5828145537197077_2063765066962 302477117_5828145450530419_9247361195206

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ