水彩画、パステル画教室

2024年3月 8日 (金)

パステル画 帽子シリーズ

水彩とパステルの会、ひまわり会で、じつは最近あまり描いてこなかったパステル画を描きました。

こういう細々した模様のあるものの柄をその色を拾ってはのせていく作業は水彩よりパステルを使う方が断然楽ちんです。

428684377_7681115991900013_4230701770784

2024年2月18日 (日)

3月、桜彩会ではペン画を描く予定です

水彩の会桜彩会では(水彩とパステルの会、ひまわり会でもそうですが)クラスの始まりにクロッキーを10分間やり、人物画のウォームアップをし、続いて前週に描いた作品の講評会をやり、その月の課題に取り組んでいます。結構盛りだくさんになります。みっちり3時間の絵画教室。

さて、3月は水彩はお休みしてペン画をすることになりました。線の勢い、太さ、ペンの違い、ハッチングにするか、塗りつぶすか、など線画だけを突き詰めていっても面白い世界です。楽しみです。画題はとりあえずどなたでも持ち込みやすいカップや茶器、グラスなど描きます。

こちらは春節を祝うムードの中華街の様子。ペン画を描くつもりで行った訳では無かったのですが、結果線画の作品になったので参考まで。

417413844_7630664106945202_7934971148779 417405467_7630664380278508_2291687814441

2024年1月29日 (月)

水彩で描く茶器など

今回は色鉛筆であたりを取ったのですが、目算を間違えて、右に寄り過ぎに描き始めていたので途中で軌道修正。全体に左にずらしてあたりを描き直しました。その形跡がしっかりと残った作品となりました。気付いたところで引き返す、タイミングを見失うとtoo lateとなってしまうというケースがあるよ、の反面教師的サンプルになりました。

420640232_7544569875554626_5446021447874

2024年1月 6日 (土)

2024年最初の水彩画クラスで描いたのは陶器類

何か新年っぽいモチーフを持ち寄って描きましょうという事で、家の中で眠っていたアイテム黒ジョカ、相馬焼の徳利、招き猫を組み合わせ写真のような段取りで描きました。あたりはパステルを使っています。

背景とテーブル面を先に一気に塗り、徐々にそれぞれのアイテムを少し描いては別のアイテムへと同時進行気味に描き進め、最後に染め付けや釉薬のクラックのディテールを描き込んでいます。

猫が右の手をあげているので、どっちがお好み?日本酒!と言ってるように見えませんかね?

417740660_7492929310718683_7452400232651

417379863_7492933540718260_7623416119511 417433221_7492933704051577_7260011561838 417392083_7492933520718262_2572362965275

2023年11月15日 (水)

ひまわり展 15日から19日まで Ikoza ギャラリーにて

ひまわり会のグループ展示会が15日から19日(日)まで開催中。時間:10時ー16時

最終日は15:00まで。

398607094_7299520210059595_7412302815248 400859566_7299520566726226_3644194412743 400993040_7299520813392868_5474298576221 400974766_7299520593392890_6226151721317 400854469_7299520433392906_2516534440176 400863241_7299520186726264_8530076980351 398606277_7299520796726203_1180947590267 400891640_7299520446726238_2186837549449

2023年8月25日 (金)

Color first line nextの手順で描いたフルーツと野菜

前回の反対の手順。これだと色で当たりがついてるところに線、ハッチングでディテールを描け、そこでちょっと形の修正もできる(はずなんだけど下地の形に引きずられて器が右に間延びしちゃった感。)水彩とガラスペン、インク使用。

369615400_6982689218409364_7776857156093 369721367_6982689251742694_1089633282789

2023年7月21日 (金)

その後も扇子やうちわに描く回を行いました

まだ咲いていてくれた紫陽花、茶器、その裏に交番。描いて、見て、使って楽しめ、飾っても額いらないうちわアートはいかがでしょう。

347592693_6841924485819172_4659277640670 347604829_6841924509152503_2610378506208 361390776_6845029458842008_7542375542656 361281474_6845278022150485_1962135323336 361096725_6849131241765163_6181240100010

2023年7月 2日 (日)

扇子、団扇に描こうの会をやりました

100円ショップで売っている扇子や団扇に描いたら、そのまま展覧会で飾れるじゃないってことで、9月には桜彩会のグループ展も控えているので、それに向け、ちょっと遊びの要素も入れての気軽な小作品作りをしました。自分はこれで今年最後かな、我が家で咲いた紫陽花の描き納め。

347595033_6797134996964788_7144948758206 347551390_6797134960298125_7931476928069

売っている扇子や団扇の素材によっては水彩を受け付けないものもあり、(マーカーとかなら大丈夫だったんですが)手こずっていた会の方がいらっしゃいましたが、こういうのは普段描き慣れている人には簡単にできてなかなか見応えのあるものもありました。

2023年6月21日 (水)

AQUA OIL Duoを使って油絵風の水彩画を描く

昨年東京を訪れていたpatriciaが個展をした際に使用していた水彩なのに油絵っぽい表現のできる絵の具、AQUA OILを帰国前によかったら使ってと置いて行ってくれた物を初めて使ってみたのですが、これが本当に発色が油絵みたい。それでいて水彩だから扱いも簡単。手や服を汚しても洗えば綺麗になるのは油絵具と数段の違い。紫陽花を描き方的にはいつもの水彩でやる直描きでやってみました。この絵の具の深み、パレットナイフも使ってみると本当、油絵を描いていた頃の感覚が思い出されてきます。

347249507_6762571497087805_3678119869264

描き初めの絵の具を置いて色面構成の段階。

347258396_6762571907087764_6826147174057

パレットナイフで削ってみたり、絵の具をチューブから出したままから、画面にのせモデリングするような表現もやれる。

347443879_6762572090421079_4353953186959

2023年5月31日 (水)

YPAひまわり会のグループ展・高座渋谷IKOZAのギャラリーにて5/31-6/4

5月31日(水)から6月4日(日)まで10:00-16:00(最終日は15:00まで)クラスの皆さんの作品展があります。

347401428_559555556333873_34723711052527 347254075_272794795276230_88101758233706 347592525_162748129926861_47538373459800 347247618_984517476014232_88463259111431

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ