水彩画

2022年6月19日 (日)

紫陽花を描く

今年になって、初めて描く紫陽花(持ち寄っていただいたお花を描かせていただきました)いつもは球形のあたりをいきなり水彩でつけ、それを細かく区分するように角セクションのスリットや面のむき、陰影を描き加えて描くことが多いのですが(大から小)今回はパートごとに描いていく手順で始めたのですが(小から大)途中でそれを続けることが苦痛になり、最終的にはいつもの全体的に調子を整えていくやり方にシフトしてしまいました。

もう少し色の再現性も高めたかったのですが、本物の紫陽花の綺麗なその赤紫に近づけることができませんでした。ただ、紫陽花だな、という立体感や陰影の感じは伝わる、というところで決着した一枚です。

288119099_5608512465827053_9031648320148 287867349_5608512532493713_2502002079724

2022年6月12日 (日)

枇杷の枝

枇杷は食べたことがあるのに、その枝、葉を実際に手に取ってみたのは初めてです。すごく大きくて、立体的で、迫力があり、描きごたえあり、2種類の描き方で攻略してみました。

最初の一枚は、先に水彩であたりを取ってから、ガラスのつけペンとインクで縁取りや細かなディテールの描き込みをして、最後に再び水彩のタッチを加えたものです。構図がだいぶ右下寄りになってしまっていたので空白部分を手とインクボトルを描き込んで埋めました。

287126886_5586371304707836_2249704554211 285163751_5586371341374499_5602551856410 285432783_5586370951374538_2618837081600

もう一枚は水彩の直描きで、枝をワイヤーで吊り下げて、実際に木に生っているようなアングルに設置して、見上げて描いています。

286211558_5588557187822581_1925357894562

2022年5月 7日 (土)

屋外スケッチする様子のスケッチ

水彩クラスでのひと時。水彩とDermatographの白とオレンジを使用。

280109490_5483394445005523_5776403298977 279927607_5483394421672192_4238386881306

2022年5月 5日 (木)

マスキング液などを使って屋外で現場描きをしてみた

現場スケッチでマスキング液を使いこなせるかの実験を兼ねて、近場の水辺のある公園に行き、水彩スケッチしてきました。

279595499_5477443438933957_1427113726031

輝いて見える部分にマスキング液をGペンを使ってインクで描くように配したり、dermatographの白でもハイライトの場所に先に描き込みを入れ、しばしマスキング液が乾くのを待って、その後は絵の具で感じる明暗をどんどん描き入れていきました。この待ち時間が結構な曲者で、スタジオで描く絵なら待っていられるのでしょうが、変化する現場の表情をその場で描く時には、より機動性のあるマテリアルを使うほうがやはりいいなということ、あらためて実感です。自分は現場で描くならクレヨン、Dermatograph, ビックスベポラブ、パステルなど駆使するほうがやりやすいです。とはいえ、マスキングでのきっちりとした白を残した描き方では、光の反射のグリッター感は出しやすいのは確かですが。

279948514_5477443188933982_8094940604075 279893492_5477443155600652_7091273805741

2022年4月16日 (土)

同じモチーフを再度描く

今回は逆光で。光を受けるテーブル面に対して器をシルエット気味に表現。猫人形の台や顔にわかりやすくハイライトがあって良かったな、と後で思いました。

278053155_5425220300822938_2795182560226

2022年4月15日 (金)

途中までいい感じだったけど、最後にコケる、な仕上がりの日

教室で途中まで仕上げた後に、うちに帰って、描き足らなかったところに筆を入れていくうちに当初の大掴みにとらえていたメリハリのバランスが失われてしまうという残念な結果になった回。もうちょっと現場で捉えた空気感を大事にしつつ丁寧に仕上げるべきでした。
テーブル面に落ちる光を大事にしないと、塗りつぶすだけでは潰れた茶色い図形となり水平なテーブル感がなくなってしまいました。

278343279_5422755501069418_8613073706394 278575629_5422755694402732_6268447669379 278413996_5422755574402744_3604680265858

2022年4月 2日 (土)

窓辺の顕微鏡

子供の時に買ってもらった顕微鏡を久しぶりに出して覗いてみたら、レンズにカビがついていてみたいものが見れない状態になっていた。

仕方がないので、レンズ越しにミクロの世界を拡大した世界を見る代わりに本体そのものを見て描くことにしました。

277554661_5387643794580589_2111411919073

2022年4月 1日 (金)

スニーカーとキャップ (パステルで下描き、水彩仕上げ)

最初、あたりをパステルでとり、加えたいテクスチャーを部分的に配して、さっとラフに水彩で描き上げました。

靴はそれぞれ向きを変えて一足のどっちが右足でどっちが左足用なのか、サイズは同じに見えているのか、もう少し配置(構図)にも気を使うべきところ満載ですが。久しぶりの紙に向き合って無心に描く時間でした。

抜けの様子は具体的に描きたくなかったので、点描的スタンピングを施し、空気感として逃げています。

277356729_5384718454873123_4560917517072

2022年1月16日 (日)

今日の一枚 テクスチャーのある水彩画

今年のテーマ、どうやってこんな表現ができるの?っていう部分がどこかしらに見え隠れする作品作り。まずは手当たり次第に実験を重ねつつ新しい表現の模索から。今年最初の水彩画。実験する中生まれた紙もノートに再生。

271923402_5137800976231540_7596931053865

 

271931571_5135203349824636_9201164845453 271849931_5135203986491239_4251844677624 271809320_5135186743159630_3136412583696 271744940_5135186879826283_5372263854688 271801225_5135187623159542_1793261022462 271655659_5135187069826264_7374775581077 271704619_5135187659826205_5364313185220

2022年1月 9日 (日)

古い水彩紙を利用してスケッチブック作り

表には絵を描いていたけど、裏が白いままだった紙にいろいろなテクスチャー表現のテストをやって、それらを同寸サイズに切り分け、セメダインでのり付けしたら、色紙でできたなんちゃってノートの完成です。遊んで、使い倒して、創作して、その上にまた絵を描こうと思ってます。

271655037_5115003478511290_7158733957135 271598230_5114992935179011_1411037657078 271179283_5116791394999165_6266146886191 271286633_5116791301665841_8888628290590 271594597_5116791431665828_8436058469220 271152424_5116791201665851_3519380029480 271704086_5116720991672872_5752826566583

271234521_5116720878339550_7715028372725

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ